株式会社日本オフィスソリューション

RPAロボティック・プロセス・オートメーション

様々なソフトウェアを操作し“業務自動化”
生産性向上・働き方改革支援!
RPAにより業務自動化を実現します

RPAとは、(Robotic Process Automation ロボティック・プロセス・オートメーション)の略語です。
パソコンの操作手順を全て覚えさせたソフトウェアロボットが人間に変わり、パソコンの操作を自動で行います。
RPAは日常の定型業務に関するあらゆる課題を解決します。
普段の業務をRPAに任せることで、作業時間やコストの削減、業務の品質向上など、あらゆるメリットがあります。
業界・業種を選ばず、簡単低コストで、すぐに働き方改革が始められます。

phone

RPAが得意とする業務

RPAは、主に以下のような業務に対して、これまで人が行っていた一連性を伴う手順の自動化を得意とします。

Point 01 Point 01

ルール化可能な業務

  • チェック・照合・加工
  • 画面上の文字列や図形、色の判別
  • 社内システムと業務アプリケーションのデータ連携
  • 条件分岐設定やAI機能との連携によるエラー処理や自動応答
Point 02 Point 02

繰り返しの多い業務

  • スケジュールの設定と実行
  • アプリケーションの起動や終了
Point 03 Point 03

パソコンのみで完了する業務

  • キーボードやマウスなどのパソコン操作
  • データ取得・出力・整理・分析
  • システムへのデータ入力
  • アプリケーションをまたがったデータの受け渡し
RPA

RPA(Robotic Process Automation)での一連性を伴う手順を自動化

RPA導入によるメリット

RPA導入で、企業が得られるメリットは大きく分けて4つです。

Merit 01
Merit 01

生産性の向上

RPAなら、24時間365日稼働できるため、業務の処理スピードが格段に向上します。
従来は人間にしかできなかったオフィス業務をRPAに代行させることにより、別の業務に時間を割くことができるようになります。
そうした時間を利用し、人間にしかできないクリエイティブやコミュニケーションにより、新たなビジネスを創造することが可能になり、生産性の向上が期待できます。
Merit 02
Merit 02

コストの削減

企業経営の中で経費の大きな部分を占めているのが、人件費と言われています。
複数の人間で行っていた単純作業をRPAが代わりに実施することで、日々の作業工数の削減や残業代の削減となり、人的コストを削減できます。
Merit 03
Merit 03

人材不足の解消

日本は、少子高齢化が進み、労働人口が減少傾向にあります。
RPAは、作業する時間に制限はなく、働き続けることが可能で、新たな労働力としての一役を担います。
人間が作業しなくても問題ない定型業務を自動化することで、やるべき業務がより精査され、効率的に業務を行うことが可能になります。
Merit 04
Merit 04

リスクマネジメント

どんな単純作業でも、人間が行うことで、ミスが発生する可能性があります。
一方、RPAは一度手順をインプットしてしまえば、正確に繰り返し作業を行ってくれるので、ヒューマンエラーの防止になります。 また、社外秘情報や個人情報の漏洩を未然に防ぐなど、ヒューマンエラーによる業務ストップの可能性を軽減させることが可能です。 ある特定の秘匿情報を扱う単純作業に、権限を持つ社員が縛り付けられてしまうなどといった課題も解決されます。

よくあるご質問

どのような業務に活用できますか?
原則として、Windows上でのすべての作業でご利用いただけます。
具体例として、受発注情報の基幹システムへの登録や、複数システム間の情報連携、ソフト開発での検証作業等での利用実績がございます。
どのくらいの稼動削減の効果がありますか?
業種や対象のデータ、文書にもよりますが、概ね30%削減されたお客様が多く、なかには100%近く削減されたお客様もいらっしゃいます。
どのような特長がありますか?
WinActorのシナリオはフローチャート図として表示されます。フローチャート図は直感的な操作で編集できますので、シナリオの微修正、チューニングであれば、プログラミングの知識がなくても対応ができます。
Mac OSで利用できますか?
Mac OSには対応しておりません。

ご相談お見積り無料!!最適なオフィス環境をご提案致します!

Page Top